個人賠償責任保険加入のすすめ

まずは、『えっ!保険入って無かったんかい!』っていう突っ込みはナシで・・・そして僕は保険屋さんでないので、詳しいことは身近な保険会社の方に相談してくださいね。

スケートや自転車を楽しむ際に他人に怪我を負わせてしまったり他人の物を壊してしまったり・・・万一の人身事故や物損事故に備えて保険に入りました。保険には自分の病気や怪我を対象にする生命保険や傷害保険、車や家などを対象とする自動車保険や家財保険などさまざまですが、今回僕が入ったのは『個人賠償責任保険(個人賠償責任補償)』というものです。
『個人賠償責任保険』は、文字通り日常生活の中で他人(いわゆる第三者)に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負うことになってしまった場合に賠償額を補償してくれる保険です。怪我を負わせてしまった時はもちろん、マンションで水漏れを起してしまったり、飼い犬が噛み付いたときなどにも対象とされます。よって、ポタリングやインラインスケート中に他人に怪我を負わせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりして損害賠償額を請求された際に有効です。
実は、最近自転車走行中に街中で人が飛び出したり、荒川河川敷で子犬が飛び出したり、はたまた前を走る自転車が急停止して追突しそうになったり・・・・そんな事が立続けにありましてた。いずれも避けられたから良かったんですが、十分注意していても避けられない事もあるのではと思い慌てて加入した次第です。
今まで子供達が大きくなるに連れて学校内外の活動で友達に怪我をさせてしまったときなどの万一に備えて入ろうと思っていて、示談交渉権付き積立保険などを検討していたけどなかなかマッチした保険がなく先延ばしにしてたんです。でも、最近自分が自転車やスケートに乗る機会が増えて万一の時に取り返しがつかなくなるのではと思い始めました。自分の体に何かあって家族は健康保険や生命保険である程度補償されますが、他人に怪我を負わせてしまって高額賠償を請求されてしまったら家庭崩壊です。
とくに対自転車事故となった場合には、怪我の治療費に加えて休業補償や自転車の修理代などが請求されるようです。昨今の自転車は高額なので自転車が転倒して壊れただけでもかなりの額になるそうです。高そうな自転車には近づかないようにしないとね(笑)。
そんな中で僕が加入したのは、モンベルが扱っている傷害総合保険(富士火災海上保険)の『野外活動保険』で一番安いシンプルプラン・・・・24時間対象で死亡・後遺障害200万、個人賠償責任1億、救援者費用等補償500万・・・・保険料3,670円/年(1日=10円)です。もちろん個人賠償責任部分は生計を共にする家族は全員対象です。損害保険会社には同じような商品があると思いますが、自分的にモンベル愛用者に加えてWeb上から簡単に加入出来たのでこちらを選びました。
2010-11-25 23:23:08
2010-11-25 23:23:41
自転車搭乗中に限れば『「日本サイクリング協会JCA』の会員になる事も有用です。年会費4,000円には『自転車総合保険』として自分に対する傷害補償(死亡・後遺症)と相手への賠償責任補償(3000万)が含まれます。また、車を所有している方は自動車保険に特約として数百円追加できるようです。
保険関連の仕事をされているスケーターさんがCRに参加していた頃は、よく話題にあがり沢山の方が加入していたのですが最近は話題に上がる機会が少なくなってます。スケートや自転車を頻繁に乗る方は一度検討してみては如何でしょうか。特にファミリーの方は大切な家族のリスク回避に必要かと思います。

まあ、何も起こらない事が一番ですが、備えあれば愁い無しなので。。。

9 Comments
  1. そうそう、僕は『日本サイクリング協会JCA』の会員になっているのです。でも、インラインには適用されないでしょうし、もうひとつ入ろうかな…

  2. かんとうさん

    JCAの会員なんですか・・・いいなぁ?。保険以外にも特典があるし、何よりサイクリストとして入会と思いながらも先送りしてました。来年度は僕も入会しようかな。
    そして、インラインスケートの場合はひとたびトラブルが起こると自転車よりも損害賠償に至るリスクが高いので出来れば入っていたほうが安心できると思います。最近ハイキングなどもしてますので・・・!。

  3. こんにちは! 個人的にタイムリーな記事で、興味深く拝見しました。

    我が家も下の子(モモカ)が荒川を滑るようになり、そのうえ自転車も補助輪を外して乗り回すようになったので、自分達の怪我はともかく、他の方々と接触して万が一のことがあったら…と思うと本当に怖く、夏頃から「個人賠償責任補償+示談交渉サービス付き」を探していました。

    荒川LRを滑ったときに、何人かの方々に保険のことをお聞きしたこともあるのですが、たまたまその方々は入っていらっしゃらず、Webで「個人賠償責任補償+示談交渉サービス付き」を探しました。ですが、「個人賠償責任補償+示談交渉サービス付き」だけの保険は、私は見つけられませんでした…

    結局、我が家が加入した保険は、日本興亜損保の「MUSTスリムプラン」です。「家財・身の回り品の補償」+「ケガの補償」+「賠償責任の補償(1億)、示談交渉サービス付き」が含まれたものです。余計な補償も含まれているため、保険料もやがみさんご紹介の保険より高く、一番シンプルなプランで月2000円です。家財やケガの保険に我が家は加入していなかったので、高っ!!と思いつつ、とりあえず1年契約してあります。

    やがみさんがこの記事で教えてくださった保険は、示談交渉サービスが付いていれば、本当にBEST!!です。いい保険を教えていただいて、ありがとうございます。1年後、乗り換えるかどうか、検討してみます。

    長文失礼しました…明日の荒川、多分参加です、ちと風邪気味です…おにまるママ

  4. おにまるさん、コメントありがとう。
    モンベルのモンベルの『野外活動保険』は示談交渉サービスは付いていません。もし誤って伝わっていたらごめんなさいです。

    僕は、らいが中学校に入学し部活をはじめた時に、学校生活での万一の事故に備えて入らなきゃ入らなきゃと思いながら3年放置してました。
    積立型で示談交渉サービス付きを探しましたが自動車保険の特約以外はほとんど見当たらなかったですよね。あればすぐにでも契約したのですが、保険屋さんと何度か合ううちにめんどくさくなってしまって・・・今に至ってしまいました。

    示談交渉サービスが付加されていないと、大きな事故により民事訴訟となり弁護士が必要となった場合には自費になります。この辺の事を保険屋さん数社に確認しましたが、自転車やスポーツの場合はよほどでなければ民事裁判まで至らず、相手から請求された示談金を保険で支払って解決するようです。
    よって、傷害保険に付加された個人賠償責任保険は示談交渉サービスが付加されていないとの事でした。

    何はともあれ、1つ入っていれば安心と思います。何も入っていないと事故に巻き込まれた時に、問合せや相談する窓口もありまんからね。

    風邪、早く治るといいですね。お大事に。

  5. やがみさん、追加の説明ありがとうございます。お陰様で、よくわかりました!
    保険の検討&契約ってひと手間ですよね…
    我が家は自家用車がないので、自動車保険の特約という手が使えず、一から探したので余計面倒に感じました(涙)。

    示談交渉サービスを付けたいのは山々なのですが、
    やがみさんご加入の保険と私が加入した保険の年額が
    3,670円 vs 24,000円ですから、むむむ?と考えてしまいました。
    単純比較できない点もありますが、1年後の契約更新時までにもっと良い保険がないか探してみよう!と改めて思いました。

    荒川で先月ご一緒した小学生のお子さんが自転車事故とやがみさんのレポートもありましたし、事故には十分気をつけたいです…
    そのお子さんのお怪我は大丈夫だったのでしょうか?

    昨日の荒川は、おにまるママの扁桃腺炎でお休みでした。
    お陰様で開放に向かっております。ご心配ありがとうございました。

  6. おにまるさん
    家族の出費を抑える選択では5年積立型傷害保険を一括で払うと5年後の満期時に一括で払った保険料が丸々帰ってくる保険もあったんですが、最近は料率が変ってしまって駄目そうですね。保険って何もなければ無駄金なので難しですね。
    そうそう、自転車事故のお子さんですが小学生の遊び盛りなので早く治るといいんですが、お父さんの話では治療・リハビリで長引きそうとの事でした。事故や怪我には気をつけましょう。。。
    そして早くもインフルエンザの流行が始まっているようなので手洗いうがいを忘れずに。。。。冬空でもスケートして寒さに負けない体作りしましょう(笑)。

  7. 遅ればせながら、みなさんのコメントを読み、あわてて書き込みます。私、保険会社の社員の立場から一言。個人賠償保険は以前は単独での引き受けを行っていましたが、現在は特約としての補償のみです。何せ、一年・1億・1,500円/年間ですからコスト割れです。ということで、現在は特約付帯のみ。私は、自動車保険に特約付帯しています。無制限・示談援助サービス付・1,200円/年間です。これがベストですね。次は、火災保険など、必須の保険商品に特約付帯することでしょう。示談援助サービスは自動車のみ、その他はありません。しかし、示談援助サービスは余り重要視しなくてもOKです。訴訟となった場合など、保険会社に相談のうえ対応していけば、弁護士費用・訴訟費用は支払いの対象となりますから、心配ありません。取り急ぎ、こんなものでしょうか?

  8. くさばさん
    私の記事は、自分の経験から得た知識なのでプロからのアドバイスはとても助かります。詳しい説明をアップしていただきとても参考になりました。ありがとうございます。インラインスケートや自転車はもちろんですが、生活する上でさまざまな状況にて事故に巻き込まれた時のリスクを思うと正しい知識を持って万一に備える事はとても大事な事だと思います。これからも保険に限らずアドバイスをいただけるとうれしいです。今後もよろしくお願いします。

Comments are closed.